西日本一周ツーリング Day16 前編 長崎

10月19日 長崎市 晴れ

平和公園近くのネットカフェで起床

今日は平和公園に行く前に、近くにあるYSP長崎で、昨日仁田峠で折れたクラッチレバーの交換と
オイル交換をしてもらうことにする。

ネカフェから電話すると、レバーの在庫ありとのこと、訪ねてないのに工賃まで教えてくれた。
この後行きますと伝えて、ネカフェを出ると、駐輪所の管理人さんに声をかけられる。
なにかと思ったら、旅についての質問だった(笑)
やっぱり関東からバイクで来ている人は珍しいのか、九州ではこうしてよく声をかけられるが、皆良い人ばかりだ。


ネカフェからYSP長崎まではすぐで、3分で到着。
店内はオシャレで、2階で陳列されているバイクやメジャーリーグ中継を見ていたら、作業はすぐに終わった。

店員さんから「右足の靴のあたり汚れてませんか?」と聞かれたので何かと思ったら
なんとオイルフィルターカバーからオイル漏れがあったらしい。
靴もズボンも茶色だったので全然気付かなかったが、確かにオイルらしき汚れがついている。
旅にでる前に自分でオイルフィルター交換をした際、カバーのネジが舐めやすいと聞いていたので
緩めに締めていたのが原因だな・・

昨日雲仙で転倒してクラッチレバーが折れていなかったら、ここに来ていないし、
オイル漏れにもずっと気付かないままだったかもしれない。危ないところだった。

屋久島のフェリー欠航もそうだが、この旅ではトラブルがあった後は必ず結果オーライになったり、
良いことが起きている。伊勢神宮参拝や菊池神社参拝のご利益を信じたくなってしまうほどに。

オイル交換とクラッチレバー交換で工賃5000円を支払う。
今後道中でもしトラブルがあったら、ここに電話してくださいと、YSP他店の番号を書いた紙をくれた。
YSP同士の繋がりがあるから、何かあったら事情を伝えて対応できるとのこと。
セローはYSPで買ったわけではなかったのに、本当に良くして頂いて有難かった。

お礼を言って店を出る。
平和公園はYSP長崎のすぐ裏だ。

駐輪所の側に文明堂総本店があったので、カステラで朝食

s-DSC05812.jpg

総本店オリジナルのカステラ
味はあの懐かしい文明堂の味


10:30 平和公園

s-DSC05814.jpg

平和公園を散策

s-DSC05816.jpg

小高い丘にある、美しい公園だ

s-DSC05821.jpg

こんな情緒あふれる綺麗な街に原爆が落とされたとは恐ろしい。
二度とあってはならないことだと、実際に行って見ると本当にそう感じる。



s-DSC05825.jpg

長崎は徒歩で散策すると面白そうだが、今日は博多まで目指すので先へ進むことにする。

駐輪場に戻ると、ちょうど今来た、カワサキW乗りのライダーさんに声をかけらてしばし談笑。

なんとこの方、横浜から熊本に移住してきたそうで、地元が自分の隣町!
いやあ、ほんと偶然というか、世の中狭いというか。
人生一度ということで、去年地元を出て熊本へやって来られたそうだが、やっぱり地元もいいなと言っていた。
この言葉になんだか色々と考えさせられた。




長崎から福岡へ下道で行くには、国道206号を北上するのが最短ルートだが、いかんせん交通量が多い。
マップルを見ると、遠回りにはなるが、海沿いを通る国道202号が良さげなので、ルート決定


途中、地鶏の看板を見つけたので昼食

s-DSC05827.jpg
親子丼と鶏飯で1000円くらい

長崎で地鶏というのもあまり聞かないが美味かった。



国道202号は、思わずバイクを止めて写真を撮りたくなるような、長崎らしい景色が随所に

s-DSC05837.jpg

途中脇道に入って坂を上がってみたり

s-DSC05851.jpg

静かな防波堤で綺麗な海を眺めたり
のんびり浮き釣りでもしたいなぁ

s-DSC05854.jpg

雲ひとつない快晴。今日は風もない。

s-DSC05860.jpg

沖には不思議な形をした島々が浮かんでいる。

s-DSC05866.jpg

小さな湾内に造られた鳥居から大橋大島を望む

s-DSC05870.jpg


この先に七釜鍾乳洞というのがあるらしいので寄って見ることにした



14:40 七釜鍾乳洞

s-DSC05875.jpg

かなり広大な駐車場に旅館まで備わっているのだが、この日は観光客は誰もいなかった。

入場料は500円で、こじんまりとした鍾乳洞のようだ。

s-DSC05885.jpg

あまり人の手が加えられていない、自然のままの鍾乳洞といった感じで良いのだが

この鍾乳洞、出口がすごかった

s-DSC05907.jpg

出口の金属製の分厚い扉
自動ドアになっていて、しかもスライドするのではなく、グワンと開く

s-DSC05908.jpg

まるで、地下の秘密研究所から脱出してきたバイオハザードの主人公になった気分(笑)

これを体感するだけのために来る価値がある


鍾乳洞を出ると時刻は15時。まだまだ先は長い。


中編へ続く

関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。