セロー250用制振ダンパー「ヤマハパワービーム」6月5日発売

img04.jpg
株式会社ワイズギアは、ヤマハスポーツバイクの「SR400」、および「SEROW250」用のアクセサリーとして、車体“制振”ダンパー「ヤマハパワービーム」を2014年6月5日より新発売します。販売窓口は全国主要ヤマハ二輪販売店、二輪用品専門店などです。

「ヤマハパワービーム」は、走行中の車体の変形と振動を吸収することで快適性、乗り心地の向上を図り、長距離ツーリング走行での疲労度低減に貢献するアイテムです。
 
 
 
 
二輪車を使ったレジャーとしてツーリングの人気は根強く、国内市場の定番モデルとなる「SR400」および「SEROW250」用として開発しました。両モデルの車体特性に合わせ、それぞれ「ヤマハパワービーム」の減衰特性を設定しており、専用の懸架ブラケットを付属として車体搭載時の外観に調和させました。


img02.jpg
ヤマハパワービーム「SEROW250」用
2014年6月5日 30,240円
[消費税8%含む](本体価格28,000円)


<ヤマハパワービームの特徴>
 通常二輪車は走行中、路面とタイヤの摩擦によって、フレームはごく僅かに変形しています。弾性体である金属製のフレームは変形に対する減衰性が低く、外力による変形エネルギーはほぼそのまま蓄積・放出され、固有振動数で変形を繰り返そうとします。
 「ヤマハパワービーム」は、フレームの一箇所への減衰付加により、その変形エネルギーを吸収し、熱エネルギーとして発散させます。これによりフレームの変形速度が抑制され、快適性の向上を実現するものです。



img04.jpg
対象機種:セロー250 2008年モデル以降のフューエルインジェクション車(機種コード:3C56~1YB9)
※トリッカー:2008年モデル以降のフューエルインジェクション車(機種コード:5XT8~5XTB)
XT250X:2008年モデル以降のフューエルインジェクション車(機種コード:5C13)にも装着可


引用ここまで(引用元:http://www.ysgear.co.jp/news/2014/0006/


遂にセロー250用制振ダンパー「ヤマハパワービーム」の発売がアナウンスされましたね。

このヤマハパワービームは既に他車種で発売済みで反響があり、今回満を持して単気筒で振動の強いセロー250とSR400 用が発売となります。

既に装着したというYSPスタッフのブログを見たところ、走行中の振動軽減・疲労軽減に確実に効果があるようです。

SEROW250用はトリッカー&XT250Xにも取り付けができるようですが、注意しなければいけないのはいずれも2008年以降のFIモデルが対象機種だという点。何でなんでしょうかね?

いやあしかしSEROW250は走行距離が200km以上のツーリングになるとおしりが痛くなるんで、これは非常に気になります。同価格帯のLEDフォグランプキットも付けたいし、悩ましい所ですね^^;

関連記事
   

コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。