西日本一周ツーリング Day14 前編 屋久島最終日

10月17日 屋久島 曇り

朝起きて朝食を食べ、フェリー運行状況を確認すると、
フェリーは鹿児島港を出港した様だ。
ただ、海上の状況によっては引き返す可能性もあるんで安心はできない。

荷物の整理をしながらのんびり過ごしていると、新たな旅人がまた1人、とまり木へやって来た。

年は自分と同い年くらいで、彼もまた、屋久島初日に出会ったエストレアの子と同じく
大阪から西日本を反時計回りにやってきたらしい
1県2泊ペースで駆け足で来たと言っていたが、1県1泊ペースの自分と比べればだいぶじっくりだ。
屋久島へは、種子島を周ってから来たというのだから素晴らしい
種子島宇宙センターでいっぱいお土産かったからとのことで、なんと宇宙食を頂いてしまった

実はこの時はお互い気付いてなかったのだが、
この青のVTRは熊本のネットカフェでセローの隣に止まっていたバイクだ
旅を終えてブログを更新する際に写真を見ていて気付いた
旅はこういう出会いや偶然があるから面白い。


昼頃になり、どうやらフェリーは大丈夫そうだ。
よかった・・
でも、もう少しのんびり屋久島にいるのも悪くはないかな?という感じもした。


今日島を離れるのはこの3台

s-DSC05670.jpg

皆に見送ってもらって、宮之浦港へ向けて出発
結局1泊しかお世話にならなかったが、有難かった。
ここ「とまり木」は、こうした旅人との出会いと別れを日々繰り返しているのだろう。





s-DSC05673.jpg

宮之浦港に着くと、ちょうどフェリーが到着していた。
日差しが出てきて熱くなってきた。

2日間欠航していたので貨物満載で、荷降ろしにかなり時間がかかっていた。
屋久島はフェリーが欠航すると、卵や乳製品がスーパーから姿を消していくらしい。

バイクの乗船は一番最後にされてしまったので、暑い中延々待たされた
少しは気を利かせてくれてもいいのに


フェリーは1時間遅れで宮之浦港を出港


s-DSC05686.jpg

小さくなっていく屋久島

s-DSC05688.jpg

来た時と同じく、今日も屋久島の上空は雲に覆われている




屋久島。そこには、
ここにしかない固有の生き物たち
森の奥深くにひっそりと佇む屋久杉
大自然が織りなす、目を見張る絶景
そして、
この島の魅力に取りつかれ長期滞在する人
本土から移住してしまった人たちが居た





ありがとう屋久島

いつかまた来たい・・


s-DSC05693.jpg



西日本一周バイク旅 屋久島編

終わり

関連記事
   

コメント

No title
屋久島ってすんごいところですね。
TVでしか見たことが無くて、
宿泊施設があるのも知りませんでした。
バイクで上陸できるところだったのですね。
これは行ってみたいです。

リンクありがとうございました♪

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント