バイクキャンプに便利なクッカー スノーピーク トレック900 レビュー

s-DSC09158.jpg
セローを買って日本を旅した際には、キャンプはあくまで予約いらずの格安個室宿という考えでして、自炊等してキャンプ自体を楽しむということはほとんどしなかったわけですが、今年から自炊もしていきたいと思い、手始めに500ml沸かせる小さなクッカーを買ってラーツーをやってみたわけです。

これがハマってしまいまして、コーヒーやカップ麺だけじゃなく、袋麺やパスタなんかも調理したいなと思い、今回もっと容量に余裕のあるクッカーをということで、snow peak トレック900を追加購入しました。


スノーピークは新潟の金物屋から始まった日本の代表的なキャンプ道具メーカーで、キャンパーに人気のようですね。やはり日本の金物技術というのはすごいんだなと感じさせられます。


スノーピーク(snow peak) トレック1400 SCS-009



スノーピーク(snow peak) トレックコンボ SCS-010


スノーピークのクッカー(コッヘル)は900、1400等のラインナップがありますが、今回購入したのは900

s-DSC09152.jpg

バイクツーリングの場合、積載スペースは限られるわけで、キャンプ道具もできるだけコンパクトにしたい
ということでの900のチョイスです。


開封
s-DSC09153.jpg

中身は本体、蓋、メッシュポーチの3点セット



s-DSC09155.jpg

ちなみに蓋はこのようにフライパンとして使うことができるようになっています。
この取手の作りは秀逸ですね
袋麺はカップ麺と違って具材がないので、これでちょこっとウィンナーとか野菜炒めるのに便利



s-DSC09154.jpg

取っ手の形状は持ちやすいように工夫されていて、精度もしっかりしている。
この辺りはさすがですね。


キャプテンスタッグ ラーメンクッカーリフィル用(500ml)との比較

s-DSC09158.jpg

蓋を閉めた状態だと約2倍くらいの大きさですね


s-DSC09157.jpg

ちなみに中にすっぽり入れることができます



s-DSC09159.jpg

230~250のガスカートリッジもすっぽり



s-DSC09156.jpg

カップヌードルもすっぽり



s-DSC09164.jpg

チキンラーメンも袋のまますっぽり!



s-DSC09165.jpg

まるちゃん製麺は・・ぎりぎり入らない!残念!

まあ麺割ればいいんですけどね、割れば・・。



s-DSC09166.jpg

レトルト食品は同時に4~5個くらい温めることも可能でしょう。
縦に深い形状なので、スパゲティなんかも吹きこぼれなく茹でられそう。
夏なんかはラーメンは暑くてちょっと・・って時にパスタとかカレーという選択肢が増えるのは良いですね。



さすがスノーピークの人気商品トレック900、よく出来ているなという感じですが
気になる点を上げるとすると

・アルミ製なので特有の金属臭がする
・ステンレスに比べ傷や凹みができやすい
・袋麺は割らないと入らないものが多い

といったところでしょうか

実際にバイクツーリングで使ってみたら再レビューしたいと思います。



スノーピーク(snow peak) トレック900 SCS-008


関連記事
   

コメント

初めまして。いつもブログ楽しく拝見させて頂いております。私もトレック900を使用しており、中に入る小さいケトルを探していましたが、キャプテンスタッグのラーメンクッカーなかなか良さそうですね!参考にさせていただきます!

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント