バイクツーリングの花粉症対策まとめ

kahunDSC00649.jpg
春先といえば暖かくなってきてさあそろそろバイクで出かけようかという気持ちになってくる季節ですが、この時期気になるのが花粉!これからの時期のツーリング、ましてや林道ツーリングに行くとなると花粉に飛び込んでいくようなもの。ですが、だからといって春のシーズンにバイクに乗らない、ツーリングに行かないというのももったいないですよね。

ということで、今回はライダーの為の花粉対策についてまとめました。


 

私自身、ここ数年春先になると鼻炎を患うようになってしまっていて、一昨年血液検査に行ったところまだアレルギー反応はなかったのですが、花粉症はコップに水が溜まっていって溢れた時に発症するようなものと聞きますので、心配でなりません。まだ発症していない人でも、花粉対策はするにこしたことはないですね。




・マスク&ゴーグルで花粉をシャットアウトする
まず、花粉対策で重要なのは、花粉を吸い込まないこと!
バイクの場合フルフェイスヘルメットをかぶれば一件落着なように思いますが、
走行中は隙間から風とともに花粉が入ってきてしまいます。
そこでまずはマスクから




レスプロ RESPRO DACCフィルター 排気 花粉対策マスク

排ガスの微粒子もカットする高性能マスクであれば、花粉も防げるようです。
防寒対策や排ガス対策にオールシーズン使えると考えれば、コスパは悪く無いですね。
先日、大阪でもPM2.5の発生が話題になりましたし、このような高性能マスクは必需品となってしまうのでしょうか。





SWANS [ 山本光学 ] ダートゴーグル [ MX-797II] ブラック [クリア]

お次は目に花粉が入ることを防ぐゴーグル
ダートゴーグルでも花粉対策になるので、オフロードライダーは一石二鳥ですね。



・花粉の動きをチェックしてツーリングコースを組む

kahun-280-13-01.gif

これは今日の花粉の飛散情報で、ヤフー天気で各地域ごとに確認することができます。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/kafun/

やはり山間部は花粉が多いですね。
春先はなるべく花粉の少ないところを選択してツーリングコースを選ぶのも懸命な判断かと思います。





・レインウェアで花粉をシャットアウトする
    

花粉がやっかいなのは、衣服に付着して家の室内に持ち帰ってしまうこと。
ライディングジャケットは頻繁に洗濯するものでもないので、花粉が付くと困りますね。

そこで、上からウィンドブレーカーやレインウェアを着て花粉をシャットアウトする手もあります。
家に帰ったら、部屋に入る前に叩いて洗濯すればいいので楽ですね。




一番有効な花粉症対策といえば、医師の処方に従うか、なるべく不要な外出は避けることだと思います。
しかし、春の足音が近づいてワクワクするこれからの時期にバイクに乗らないのももったいないですよね。
是非、花粉症&花粉症予備軍ライダーも花粉に負けず春のバイクシーズンを楽しんでもらえたらと思います。
そしてティッシュの携帯はお忘れなく!


関連記事
   

コメント

No title
花粉め・・うう・・・花粉めえ・・・

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント