2週連続で大雪に埋もれたセローのエンジンを始動してみた

s-DSC08531.jpg
こないだの大雪の際にセローの様子を記事にUPしたところ、青森在住ライダー飴野さんからコメントを頂きまして、雪国ライダーは冬は皆屋内保管で、屋外保管だとバイクが故障してしまうとの情報を聞き、やはり雪はバイクにとって過酷な条件なのだと痛感しました。

1度くらいの大雪なら屋外保管でも大丈夫だろうと思ってましたが、まさかの2週連続で大雪に埋もれた我がセロー。もう1週間以上エンジンをかけていませんが、果たして大丈夫なのか、今回はエンジン始動の様子を動画で撮ってみました。
 
 
 
 
前回の大雪の雪はほとんど解けていましたが、今回の大雪もまたすごくて、丸一日たっても道路はこの有り様

s-DSC08528.jpg

まだ早朝で道路は凍結していまして、まだ走れる状況じゃないですね。



s-DSC08531.jpg

これは前日の様子。

この日の内に雪かきをしておきましたが、雪かきってほんと重労働ですよね。

過疎化の進む雪国の集落なんかでは本当に大変なんだろうと思います。



s-DSC08526.jpg

これが今朝の様子。

まだ日の当たってないアスファルトは凍結していてつるっつるです。


では、エンジンを始動してみましょう。





さすがはフューエルインジェクション、この状況でも一発始動!

2度の大雪に埋もれ、1週間以上エンジンをかけていませんでしたので、今回はちょっと心配でしたが、
全く問題ありませんでした。

新車購入から2年近く経ち、走行距離はそろそろ2万kmですが、まだまだ快調です^^


関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント