GoPro 接着式ベースマウントの剥がし方 【ヘルメットマウント】

画像に枠を付ける

GOPRO関連の小ネタになりますが、GoProを平面や曲面にマウントするための接着式マウント(平面マウント・カーブマウント)の剥がし方について。

GOPROでバイク車載撮影をしている人はヘルメットにカーブマウントを貼り付けてちょんまげマウントやサイドマウントにしている人も多いかと思います。GOPROの接着式マウントは粘着力が非常に強力で、撮影中にGOPROが脱落することはまずありませんが、この接着マウント、実は綺麗に剥がすことが出来るんです。

sDSC07009.jpg

私の場合、今までトップとサイドに2箇所、カーブマウント・平面マウントを貼っていましたが、
サイドマウントの位置をもうすこし前に変えたいと思い剥がすことに。


接着式マウントの剥がし方については、GOPRO公式サイトにて、
ドライヤーで温めることで剥がせると書いてあったので、その通り実践。


s-DSC08347.jpg

とりあえず30秒くらいドライヤーをあてます。

ヘルメットは一日中真夏の直射日光を受け続けても平気なように出来ていますから、
ドライヤーを数十秒程度あてたところでどうにかなることはないので安心してください。



s-DSC08346.jpg

次に、プラスチック製のヘラを接着面に差し込んで少しづつ剥がしていきます。
ヘルメットに傷がつかないように、ヘラをウエス等で保護してやるとよいでしょう。

間違っても金属製のヘラやマイナスドライバー等は使わないでください。
傷がつきます。


これを繰り返して、少しづつ剥がしていきます。

ちなみに、手で剥がそうとしても絶対に無理です。

ヘラで一気にグリグリやると汚く剥がれてしまうので、根気よくちょっとずつ剥がすのがポイント。



s-DSC08348.jpg

10分くらいかけて、綺麗に剥がすことが出来ました。

もし汚く剥がれてしまっても、シール剥がし剤等を使えば綺麗になります。



ちなみに、接着式マウントは綺麗に剥がせば、まだ粘着力が残っているので再利用することもできます。
オススメはしませんが、それだけ接着力が強力ということです。



というわけで、接着式マウントは綺麗に剥がすことが出来ますので、
もしお気に入りの高価なヘルメットにマウントを貼り付けることに躊躇している人がいましたら
遠慮無く貼っつけちゃってください!


関連記事
   

コメント

Re: シール
記事の写真をよく見ていただくと、剥がした箇所にペイントのラインが入ってるのがわかると思うのですが、剥がれませんでした。ペイントヘルメットであっても、塗装の上にコーティングがされてますので剥がれることはまずないと思いますよ^^
※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。