SEROW250(セロー250) 2014年モデル新色発表!1月21日発売開始

main_001.jpg


ヤマハ発動機株式会社は、優れたオフロード走行性を備える“マウンテントレール”「SEROW(セロー)250」
のカラーリングとグラフィック等を変更した2014年モデルを2014年1月21日より発売します。

serow_main.jpg
2014年モデルの新色は「ベージュ」で、ガソリンタンク側面のシュラウドとサイドカバーにはアーガイル調グラフィックを採用、ゴールドリムと組み合わせてアウトドアファッションのイメージに仕上げました。なお「パープリッシュホワイトソリッド1」(ホワイト/グリーン)は継続カラーとなります。

名称     「SEROW250」
発売日     2014年1月21日
カラーリング ■ベージュ(新色:ベージュ)
        ■パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)
販売計画 2,000台(年間/国内)


ソース・引用元:
アウトドアイメージのアーガイル調グラフィックを採用 「SEROW250」2014年モデル発売


ついにセロー250の2014年モデルが発表になりました!

昨年末あたりから既に販売店では購入検討者に向けて新色の情報は告知されていたようですが、
今回ヤマハ公式サイトにて正式に発表されましたね。

もうすぐ購入からはや2年、ついに我がセロー12年モデルも型落ちになる時が・・と思ったら
12年モデルのグリーンは据え置きで、赤が廃止になり、新色としてベージュが追加という形になりました。
なんだか得した気分(笑)


1985年に誕生し、3~4年おきに世代交代(モデルチェンジ)をしてきたヤマハのセロー
フルモデルチェンジして225から250になり今のデザインになったのが2005年で、FI化したのが2008年ですから
現行の第7世代(250としての第2世代)としてはもう7年目に突入ということになりますね。

7年目というとそろそろマイナーチェンジするタイミングですが、昨年ツーリングセローを出したばかりですし、
現行のセロー自体売上が好調ですので、まだまだモデルチェンジは先になりそうな感じがします。


では、2014年モデル新色のベージュをじっくり見ていきましょう。
exterior01_002.jpg
新色のベージュはアウトドアをイメージしたアーゴイル調のグラフィックとなっています。

FI化以降はずっと白ベースに緑と赤のグラフィック2色展開でポップなイメージ、
25周年アニバーサリー限定モデルのみアウトドアをイメージしたリアルツリーカラーでしたが
シックなベージュを基調に、さりげないアーゴイル柄とセロー&ヤマハのロゴという絶妙なデザインとなっています。

25thのリアルツリーカラーは好みが分かれるところでしたが、
これならミリタリー系が苦手という人にも受け入れられそう。
exterior01_004.jpg
フロントフェンダーとシュラウド・サイドパネルはベージュで、
ヘッドライトカウルとリアフェンダーはブラックのように見受けられます。

serow_fmap.gif

ベージュも12年モデルのグリーン同様にホイールはゴールドリムになっています。
もはや金リムはセローの特徴になりましたね。
個人的には、ライトカウルとリアフェンダーを黒にするのであれば、
リムも黒にしたほうが統一感が出てかっこいいように思います。
exterior01_003.jpg
シックで大人な雰囲気のベージュは、ツーリングセローのパーツやサイドバッグが似合いそうですね。
普段の街乗りでも服装を選ばない絶妙なカラー&デザインだと思います。

250ccのオフ車には長らくシックで落ち着いたカラーがなかったので、
自分のようなオフ車特有のビビットなカラーが苦手な人にはうれしいカラーで選択肢が広がりましたね。


ちなみに、新色発表に伴い、2014年モデルのセローの壁紙が公式サイトに掲載されています。
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/

どれも林道ツーリングに出かけたくなるような壁紙ばかりですね^^
早速PC、タブレット、スマホ全てに入れておきました(笑)
ヤマハさんありがとー!


関連記事
   

コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。