バイク用携帯エアポンプ GIYO GM-71 レビュー

s-DSC08399.jpg
今まで林道を走る時は携帯タイヤゲージでタイヤの空気を抜いて、帰りにGSに寄って空気入れて帰るということをしてましたが、最近では面倒になって空気を抜かずに林道を走ったりしていました。

しかし、やはり高速、一般道、オフロードと最適なタイヤの空気圧はそれぞれ違うわけで、やはりいつでもタイヤの空気を入れられるようにしておくべきだと考え、今回バイク用携帯空気入れを購入してみました。

早速使用してみましたので紹介します。

今回購入したのはこちら


GIYO GM-71 携帯用マイクロフロアポンプ IN-LINEゲージ付 仏・米式対応

バイク用と言っても、自転車用の携帯タイヤ空気入れです。
実はセローのようなオフ車ですと、ロードバイク(自転車)よりもタイヤの空気圧は低く、
バルブの種類もオートバイは米式で、自転車用空気入れはほとんど米式に対応していますので
自転車用でも問題なく使えるんです。

オートバイ用品メーカーがオートバイ専用の空気入れを出してますが、
製品クオリティや携帯性、デザイン等全てにおいて自転車用の方が洗練されているので
自転車用を購入した次第です。


s-s-DSC08362.jpg

届いたのでまずは開封



s-s-DSC08365.jpg

大きさは275mm、思ったよりスリムで折り畳み傘より小さいです。
これならウエストバッグやタンクバッグにも入れられますね。



s-s-DSC08373.jpg

重さは200gとありましたが、実際に計ってみると178gと更に軽かったです。

さすが自転車用携帯エアポンプだけあって、携帯しやすいサイズと重さになっています。




s-s-DSC08370.jpg

本製品にはエアゲージが付いていますが、あくまで緊急用といった感じですね。
別途タイヤゲージ携帯は必須でしょう。




では、実際に使ってみましょう。

s-DSC08392.jpg

ホースは伸ばすと30cmくらいの長さになりますが、
使用時はホイール側のバルブが下側になるように移動調整させてやる必要があります。

s-DSC08394.jpg

この製品を選んだ理由の一つが、このように足で踏みながらポンピングできるところ
フロアポンプとして、自宅でのメンテナンスにも苦もなく使うことが出来ます。



s-DSC08395.jpg

まずは後輪から試してみます。セロー250の後輪タイヤの規定空気圧は150kpaですが
林道走行を想定してガッツリ空気を抜いてみました。
ここからとりあえず50回ポンピングしてみます。

ポンピングは手動ですが、シュコシュコシュコと、思ったより全然軽いです。
1秒間に2回はポンピングできますので、50回ポンピングするのに30秒もかかりません。



s-DSC08396.jpg

50回ポンピング後、空気圧を計測。
空気入れをバルブから抜く時に手こずって結構空気が抜けてしまったのですが、
丁度20kpa入りました。


再度50ポンプしてみます。

s-DSC08397.jpg

またまた抜く時に手こずって空気が漏れてしまいましたが、17kpa入ってほぼ規定値の148kpa
林道走行の後に入れる際は100回もポンピングすれば規定値まで元に戻せるでしょう。
100回というと重労働に思うかもしれませんが、ほんとに手だけシュコシュコ動かすだけで
時間も一分もかかりませんのであっというまですよ。



続いて前輪も試してみました。

s-DSC08398.jpg

ここまでガッツリ抜くことはあまりないかと思いますが、ここから50回ポンプ



s-DSC08400.jpg

今度はバルブからすんなり抜けて空気漏れも少なく
また前輪で空気圧が低いこともあり30kpa近く入りました!



s-DSC08401.jpg

更に50回ポンプして前輪規定値の125kpaを超えました。
前輪は林道走行時ガッツリ下げるとしても90kpaくらいまでだと思いますので
50~70回くらいポンピングすれば規定値まで戻せると思います。



さて、使ってみての感想ですが
こんなに小さいのにここまで楽に空気を入れられるとは思いませんでした。
これならもっと早く買っておくべきだった・・。パンク修理にも使えますしね。

気になる点は、バルブから抜く時に固くて抜きづらいこと。
引っこ抜く時にブレーキディスクに手をぶつけて怪我しないように注意が必要です。




さて、これでツーリング携行品にエアポンプという心強い味方が加わりました。
今年はエアポンプを携帯してガンガン林道ツーリングに行きたいと思います!



GIYO GM-71 携帯用マイクロフロアポンプ IN-LINEゲージ付 仏・米式対応


続き:バイクにエアポンプを搭載編
http://oskam.blog.fc2.com/blog-entry-179.html




関連記事
   

コメント

No title
俺も自転車用の携帯ポンプ携帯してますw しかし実践で使ったことなかったから実際使えるか不安だったけど 検証してもらったので安心出来ましたw 予備で圧縮ガスと瞬間タイヤパンク修理剤を携帯してます 1人で林道に行くと言うことは 何かあっても誰かに頼れないと言うこと 万全にする必要があります 色々検証してもらえて助かりますw これからも宜しくお願いします!
Re: No title
本当に万全の備えをされてるんですね!
おっしゃるとおり、実践で使えなかったら無用の長物になってしまいますので、一度は試しに使ってみることは大事ですよね。
パンク修理まではなかなか試すということはできませんが、実際パンクしたら応急処置くらいできるようにしておきたいものですね。
バイク用空気入れを探していて見つけました。

数年前に自転車屋さんで同じ様な携帯空気入れを購入した時に「あくまでも緊急用なので10回程度の使用でパッキンがダメになるからね」と言われたのですが、その後のレビューが気になります。問題無く使えていますか?
Re: タイトルなし
はい、その後も問題なく使えてますよ。
パッキンとはどこのことでしょうかね?
amazonのレビューを見てもパッキンがだめになったという報告はない様です。
なるほど!
問題無く使えるんですね。
有難い情報が得られましたヾ(〃^∇^)ノ

自転車屋さんの話では、いくら入れても目的の空気圧まで上がらなくなると言われましたが、どうやらカマされたみたいですね(*´ω`*)ゞエヘ
※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。