ユアン・マクレガーのバイクが車に幅寄せされ転倒事故 ドライバーに注意喚起!



18日(現地時間)、ユアン・マクレガーがバイクを運転中に自動車と衝突、バイクから投げ出される事故に遭っていたことが分かった。

ユアンが自身のTwitter上でのつぶやきから明らかになった。詳しい日時や場所は不明だが、ユアンは自動車を運転する人々に向けて、同じ路を走るバイカーに注意を向けてほしいと呼びかけている。

「レーン変更をする前に、ミラー越しにバイクが走っていないかをチェックしてください。(車と衝突して)舗装道路に倒れて助け起こされるときに『あなたが見えなかったんです』と聞かされるのはいやなんです」とつぶやいたユアン。
幸いにも今回の衝突事故で怪我はなかったという。

バイク好きで知られ、TV番組でDVD化もされた「ユアン・マクレガー 大陸横断~バイクの旅」で友人と2人でユーラシア大陸横断もしているユアンだが、2000年と2007年にもバイク事故を起こし、これが3度目。07年は脚を骨折する大事故だった。ユアン自身も十分気をつけて、安全運転を心がけてもらいたい。

引用元:http://www.cinemacafe.net/article/2013/12/20/20985.html



バイクで世界一周してしまうほどのバイク好きで知られ、以前当ブログでも紹介した俳優ユアン・マクレガーですが
先日、バイクで複数車線の道路を走っていた所、バイクの存在に気付かなかったドライバーの車線変更により転倒してしまったようです。

幸い今回は大きな怪我はなかったようですが、事故後、自身のTwitterでドライバーに向けた注意喚起をし、1000件以上のリツイートを集めています。


ユアン・マクレガーのツイート


「車線変更する前にバイクがいないかミラーを確認してください。「見えなかった」は聞きたくない。」



バイクに乗っていれば自動車やトラックに幅寄せされた経験は誰でもあるかと思います。
接触を避けるためバイク側も自衛運転意識を持つべきですが、
当然車線変更をするドライバー側に、死角にバイクがいるかもしれないと意識して確認してもらわないと
今回のような事故は防ぎようがありません。

ユアン・マクレガーのような世界的スターが、このようなライダー側に立った注意喚起をしてくれることは
車に比べて交通弱者であるライダーにとって大変意味のあることだと思います。


ところでユアン、2007年のバイク事故の際は脚を骨折する大怪我をしていますが、
よく奥さんやマネージャーにバイク禁止にされないものですね。
映画撮影中はバイク禁止の契約になっているのかもしれませんが
きっと周囲も止められない程のバイク好きなのでしょう。

バイクに乗ったことのない人には、ユアン程のスター(しかも過去にバイク事故で大怪我を経験)が
何故バイクのような危ない乗り続けるのか不思議に思う人もいるかもしれませんが、
それだけ人を魅了する魅力や楽しさがバイクにはあります。


今回のような事故は全てのライダーやドライバーにとって明日は我が身ですから、充分注意したいですね。


ユアン・マクレガー 大陸横断~バイクの旅 [DVD]


関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。