セロー250メンテナンス バイクチェーン清掃方法

s-DSC08067.jpg
セロー250の定期メンテナンス、次はバイクチェーン清掃方法の紹介です。

バイクのチェーン清掃はどれくらいの頻度でやってやるのが理想なんでしょうか?保管方法や乗る頻度にもよるでしょうし、オフロードバイクで林道に行ったりしていると一発で汚れてしまう場合もあるので、やはり目視による点検や異音、乗り心地に異変を感じたらでしょうか。
個人的には洗車とセットでワンシーズン(四半期)に一度やってやれば充分かなと思います。
 



まずは目視でチェーンの状態を見てみましょう。

s-DSC08062.jpg

まずはチェーンカバーを外します。
セロー250の場合はこの2本のボルトをソケットレンチで外してやるだけでカバーがとれます。



s-DSC08063.jpg

フロント側のカバーも外します。

s-DSC08064.jpg

こちらは3本のボルトで留められてますが、一本わかりづらい位置にあります。

カバーもちょっと知恵の輪的なはめ方になっているので注意。


s-DSC08065.jpg

カバーを外すとご覧のとおり、泥や砂が溜まっていましたので綺麗にしておきます。



s-DSC08066.jpg

チェーンの状態チェック。
チェーンの張りは問題無いですが、錆が出て汚れも溜まって固着気味です。
こりゃいかんということで、チェーンを清掃していきましょう。



チェーン清掃に必要となるものはこちら

・チェーンクリーナー
   
バイクチェーン専用のクリーナーです。
チェーンに噴きかけるだけで大半の汚れが浮き立ちます。


・チェーンルブ(チェーンオイル)
   
チェーンを清掃した後に挿すバイクチェーン専用潤滑油です。


・チェーンブラシ
   
歯ブラシでも代用はできますが効率が段違いです。


・バイクスタンド
   
バイクスタンド ダンパー式 オフロードタイプ

なくてもできますが、こちらもあると効率が段違いです。




今回は歯ブラシではなく排水口用ブラシを使ってみましたが、丁度チェーンにフィットしていい感じ

s-DSC08067.jpg

チェーンクリーナーを吹きかけてゴシゴシ
裏側や側面もゴシゴシ



s-DSC08068.jpg

最後にボロ雑巾で拭き上げれば、ご覧の通り錆も取れてピッカピカ
チェーンクリーナーってすごい

s-DSC08069.jpg

よく見ると内側に鉄粉が溜まっています。
これを綿棒でひとこまひとこま取る人もいるそうですが、きりがないのでやめておきます。



あとはチェーン全体にチェーンルブを吹き付けて余分なオイルを拭きあげて終了!

チェーン清掃後すぐはチェーンから摩擦音がするかもしれませんが、
チェーンにオイルが馴染んでくれば音はしなくなりますよ。

バイクにとってチェーンは大事な部分なので、定期的に点検・清掃をしておきたいですね。

関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。