新型GoPro HERO3+(プラス)Black Edition日本発売! 【開封レビュー 】



GoPro HERO3+(プラス)の国内販売が11月13日より開始しました!
米国では既に先月発売済みで、日本での発表が待たれている状況でしたが
今回は突然の国内販売開始でしたね。
早速購入しましたのでまずは開封レビューしていきたいと思います。

購入の動機
・手持ちのHERO2も購入後1年半以上経ちボロボロになってきた
 まだまだ使えるものの、性能や画質に不満も出てきたし、何より飽きてきた

・HERO3BEの欠点であった電池持ちが改善された
 また、ハウジングの小型軽量化、画質(夕焼け現象)改善、WIFI高速化等、
 順当かつ堅実な新化に魅力を感じた

・ちょっと早い自分へのクリスマスプレゼントに(笑)

購入動機はこんなところです。
最近HERO2の画質に飽きたというか物足りなさを感じてきて、ツーリングに行っても
動画を撮る回数も減ってきていたので、ここらが買い時かなと。


価格
HERO3+ Black Edition  ¥ 43,050
HERO3+ Silver Edition ¥ 33,600

となっています。
HERO3+にはホワイトエディションはありません。
シルバーとブラックの違いは、本体の色の他に、ブラックエディションでは2.7k4kでの撮影が可能な他
WIFIリモコンが付属します。

2~3万の価格帯が主流のアクションカム・ウェアラブルカメラにおいて、4万オーバーのBlack Editionは
最上位機種に位置しますが、最高4k画質&高機能でリモコンも付属するとなれば、決して高い値段ではないと思います。
また、GOPROは型落ち品も値落ちしないので、買い換えるときに中古でも高額で売れるため、ちょっとした資産にもなります。

ちなみにGoProはどこの店舗も値引きは無く、店によって延長保証が付けられたりポイント等が付いたりの
違いがあるだけなので、好きな店舗で買えばよいかと思います。


さて、では開封していきましょう!

s-s-DSC08031.jpg

パッケージはいつもどおりの形ですが、青い+の刻印が


開封の様子を動画で撮っておきました。
GoProは日本製品とは違い特殊なパッケージングになっているので、
強引に開けると箱やパーツを駄目にしてしまいかねませんので注意してください。





s-s-DSC08032.jpg

これがアドベンチャーの全付属品



s-s-DSC08033.jpg

手持ちのHERO2との比較

s-s-DSC08034.jpg

s-s-DSC08035.jpg

2/3くらい小さくなりましたね。


s-s-DSC08037.jpg

今回一番進化したハウジングは、薄くて精巧な作りになっています。
ただちょっと開閉レバーが固い。開け閉めするときパチーンとすごい音がするので割れないか心配になります。



HERO2本体・ハウジングと重さを比較してみました。

s-s-DSC08040.jpgs-s-DSC08041.jpg

本体は約25グラムの軽量化。約3/4軽くなったことになりますね。


s-s-DSC08042.jpgs-s-DSC08043.jpg

ハウジングは約10グラムの軽量化。


s-s-DSC08038.jpgs-s-DSC08039.jpg

本体+ハウジングで36グラムの軽量化!
この36gの差、ヘルメットとかに付ける場合には結構デカイと思われます。


次に、今回4倍高速になったというWIFIを試してみました。
GOPRO公式アンドロイドアプリで、電源ON~撮影~プレビュー再生した様子を動画で撮影しました。



ちなみに僕はGOPROでwifi使うの初めてなのでどれだけ高速化したか比較はできないのですが、
リアルタイムプレビューでは一秒以上遅延があるものの概ねストレスのないレスポンスで、
特に肝心の録画開始はほぼ同時の反応速度ですばらしいです。


最後に一番大事な画質ですが、試し夕暮れ時にちょっと撮影してみましたが、
1080pでも感動するくらいの高画質!色鮮やかで、GOPRO特有の夕方現象もなくなっていました。

今度ツーリングに行ってガンガン撮影して、また動画と共にレポートしたいと思います!



【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro HERO3+ ブラックエディション アドベンチャーCHDHX-302-JP

関連記事
   

コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。