箱根林道ツーリング 箱根やまなみ林道~仙石原

s-DSC078972.jpg


箱根やまなみ林道とは、正式名称を「北箱根山広域基幹林道」と呼び、芦ノ湖スカイラインの西側を平行に国道1号~国道138号までを結ぶ林道である。

事前情報によると、全線舗装で、杉林の中を延々と走る為展望は望めないとのことだが路面状況がよく、総距離実に35km以上にも及ぶ長距離林道とのこと。



舗装林道とはいえ、これだけの距離があれば走りごたえもあるだろうし、支線もあるだろうから
今回のツーリングのメインとして探索してみることに。
ちなみに全線グーグル・ストリートビューで見ることができ、事前に通行可能な支線を確認することも可能だ。


箱根やまなみ林道の起点は、天下の国道1号を芦ノ湖から三島側へ7km程下ったところにある。

s-DSC07888.jpg

この時いきなり一台対向車が出てきたが、交通量はほとんど皆無。

s-DSC07889.jpg

このような道が延々と続く。
確かに路面状況は良好だが、苔の生えてる区間もあるため注意が必要。



s-DSC07890.jpg
支線も多数存在する。
美味しそうなダートもちらほら見えるが、立入禁止。


s-DSC07891.jpg

しばらく走っていると、立入禁止の掲示がない支線を発見。
「北駿線 79号に至る」とある。つまり通りぬけできるということか。


s-DSC07892.jpg

というわけで突入~

s-DSC07893.jpg

最初はいい感じのダートだったがすぐに舗装路に


s-DSC07894.jpg

そして白っぽい舗装になったかと思ったら・・


s-DSC07895.jpg
またダート
この丁度タイヤがすっぽりはまる溝、舗装路からダートに変わった直後に出現する上、
溝が斜めに走っているためいやらしい。気付かず突入していたら転倒の危険がある。



s-DSC07897.jpg

そしてまた野性味溢れるダートになって来たかと思ったら・・


s-DSC07896.jpg

砂利がなくなり、この有り様。
1台アタックした跡がある。


s-DSC07898.jpg

少し歩いて先を見に行ってみたが、先日の雨を含んだフカフカの土はぬっちゃぬちゃである。
先の方はV字になっているように見えるし、ここで断念。

タイヤ新しくしたら上りで挑戦してみたい林道だ。


再び本線に戻り、北上を続ける。

s-DSC07901.jpg

ようやく、開けたポイントに出た。
この変電所付近は、箱根やまなみ林道で唯一といっていい程開けた場所。
それでも景色がいいという程でもない。


s-DSC07902.jpg

ここには立派な支線もあった。
突入してみたが、最近舗装された様子だったので引き返し、再び本線へ。



s-DSC07903.jpg

ここから御殿場市を意味する看板。
ここまで20km走ってきたことになるが、まだ半分近くも残っている。


更に先へ進むと、真新しく拡張された県道337号に出た。
この道は芦ノ湖スカイラインに出る道で、料金所が無いからか警備員が1人常駐していた。
写真を撮りたかったが、なんか気まずいので先へ進む。



s-DSC07904.jpg

県道337号から北側の区間は、突入可能な未舗装支線がいくつかある。

s-DSC07905.jpg

s-DSC07907.jpg

s-DSC07908.jpg

いずれも西側のR246へ下る支線で、距離も2~3kmくらいだろうか。

日も傾いてきたので今回はこれ以上支線探索はやめて先へ進むことにする。


再び十字路に出た。
ナビで確認すると、林道はまだ御殿場市街方面まであと数km続いているが、
この後仙石原へ行くとなると遠回りになってしまう。
今回は拘らずに十字路を右折することにしたが、これが正解だった。

s-DSC07909.jpg

この右折した名も無き道、なかなか面白い。右側は御殿場ゴルフ倶楽部だ。

そしてなんとこの道、ゴルフコース内を横断する珍しい道となっている。

s-DSC07910.jpg

そして遂に富士山が見えた!

s-DSC07917.jpg

s-DSC07914.jpg

s-DSC07913.jpg

雲の上に顔を出した富士の頂。
光学16倍だとここまでズームできる。やはりツーリングにデジカメは必需品だ。
最近は一眼が欲しくなってきてしまったから困る。
s-DSC07919.jpg

振り返ると、箱根の山は色付き始めていた。今週末あたり見頃だろうか。


s-DSC07920.jpg

更にこの道を登って行くと、突如廃墟が現れた。
すごい迫力だ。有名な廃墟だろうか。


そしてこの廃墟のある坂はさっきよりも絶景だった。

s-DSC07928.jpg

s-DSC07926.jpg

富士山の大きさを実感する。昔あそこまで登ったと考えると感慨深い。

s-DSC07929 (2)

s-DSC07923.jpg

こういった名も無き道が絶景だったりするから、バイク旅はやめられない。



坂を上がると、そこにはトンネルがあった。

s-DSC07938.jpg

このトンネルを抜けると・・


s-DSC07939.jpg

そこは神奈川県。再び箱根に戻ってきた。

s-DSC07940.jpg

ちょっとした展望スポットになっていて、側に石碑がある。
長尾峠というらしい。箱根には何度も来ているけど知らなかったな。
この長尾峠、車を停めるスペースはないが、バイクなら2~3台止められるスペースが有る。


s-DSC07932.jpg

s-DSC07934.jpg

この長尾峠からの景色もまた絶景

s-DSC07941.jpg

すすき越しに仙石原が見える。
日が暮れる前に長尾峠を降りて、あそこまで行くことにしよう。


仙石原
s-DSC07953.jpg

s-DSC07951.jpg

後で知ったのだが、例年は仙石原のすすきの見頃は10月下旬までだそうだ。
今年は記録的な残暑で11月中旬まで見頃だそう。

s-DSC07947.jpg

s-DSC07949.jpg

夕日に照らされて輝くすすき

s-DSC07948.jpg

今週末あたりは、箱根で紅葉とすすきの最盛期が同時に見れるという珍しい年になりそうだ。




s-DSC07955.jpg

今回の旅の締めくくりは芦ノ湖。
この場所は昔釣りをしていて大物をバラした苦い思い出がある。

s-DSC07964.jpg

芦ノ湖からの夕日を見た後、帰りは東海道旧道で箱根を降りて帰宅。



舗装林道中心とはいえ林道を合計50km以上走ったのでさすがに疲れたが
また新たな発見と箱根の魅力を再発見した旅になった。

関連記事
   

コメント

こんばんわ
ちょっと前、私もやまなみ行きました。
走る練習にはなりましたが、景色が楽しめる場所がないですね・・・

Re: こんばんわ
てんさんこんばんわ。
そうなんですよね、ずっと同じ景色だから飽きるという(笑)
でも、支線や周辺の道路と組み合わせれば、ツーリングコースとしてありかなと思いました。

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。