西日本一周ツーリング Day8 前編 菊池神社・菊池渓谷

10月11日 7:00 熊本市 晴れ

今日も天気は最高!
横浜を出発してから丸一週間が経ったが、ここまでほとんど雨にうたれること無く来ている。

今日は昨日駆け足になってしまった阿蘇をじっくりまわる予定なのだが、
その前に朝から行っておきたい場所がある。


ネカフェを出ると、隣にも旅バイクが。なにわナンバーの青VTR。

s-DSC04909.jpg

このバイクとは、後に意外な場所で再会することになる。



さて、熊本県北部に向けて出発して50分、
朝の通勤渋滞に巻き込まれながらも、行っておきたかったその場所に到着。


7:50 菊池神社

s-DSC04938.jpg


ここ菊池市にある菊池神社は、何を隠そう自分の先祖に縁の深い場所。
因みに自分の苗字は菊池ではないのだが、菊池氏と関係の深い苗字なのだ。
勿論、全国の菊池さんもぜひ一度は参拝をオススメしたい場所である。


s-DSC04915.jpg


平日の朝で参拝客はいないが、なかなか立派な神社だ。



s-DSC04924.jpg

お賽銭を入れてお参りをしていると、かわいい猫が擦り寄ってきた。




首輪はついてないが、菊池神社の看板猫なのかもしれない。

しばし猫とじゃれあってから、おみくじを引いてみると・・


s-DSC04926.jpg


大吉!

いや~よかったよぉ~、遥々先祖の地をお参りして凶なんか出た日にゃ泣いてたよ
この旅はこれからもいいことありそうな予感


しばしのんびりと、境内とその周辺の参道を散策する

s-DSC04930.jpg




境内には立派な資料館もあり見学
重要文化財も展示されていて、菊池市の歴史を感じさせられた。


実は先祖の地巡礼はここだけではなく、もう一箇所ある。
菊池神社からバイクを走らせること30分
とある城というか館の跡地へ

s-DSC04987.jpg


ここはまさに自分のご先祖様がその昔、館を築いていた場所

自分にとっての聖地・パワースポットなのだ

ここでもご先祖様に感謝し、お参りをする


s-DSC04990.jpg


もっと小じんまりした場所を想像していたのだが、結構広い


s-DSC05013.jpg

駐車場も広く、綺麗なトイレまで完備されている。

国の史跡に指定されていることで、城や歴史マニアな方が来るのだろうか


巡礼を終え時刻は10時過ぎ

これからは阿蘇に向けて菊池スカイラインを東進

菊池スカイラインの途中には、菊池渓谷がある。

渓谷は四国でお腹いっぱいだったのだが、せっかくなので寄ってみることに


11:00 菊池渓谷

s-DSC05014.jpg

s-DSC05065.jpg


駐輪代200円と入場料100円を払い奥へ進む

渓谷の遊歩道は最短コースで15分ほどらしい




s-DSC05028.jpg

いい意味で裏切られた・・

s-DSC05029.jpg

水がものすごく青い

s-DSC05030.jpg

マイナスイオン感が半端じゃない

s-DSC05034.jpg

とにかく沢山シャッターを切る

s-DSC05035.jpg

自然が作り出す造形美に圧倒される

s-DSC05038.jpg


木々や大木も神秘的

s-DSC05044.jpg

s-DSC05058.jpg

s-DSC05063.jpg


名水百選の認定書は岩になっている

s-DSC05057.jpg




菊池渓谷を歩き終えた後は、売店でヤマメの塩焼き500円で腹ごしらえ

s-DSC05064.jpg

ヤマメは初めて食べたが、きっとどっかで養殖したのを持ってきて焼いてるんだろうけど美味かった

売店の兄さんの話だと、ここ菊池渓谷は夏と紅葉シーズンは人出は多いが
それ以外は客足は決して多くはないのだという。
素晴らしい渓谷なのだが、阿蘇の影に隠れて結構穴場なのかもしれない。

これから阿蘇に行くというと、大観峰だけは行っておいたほうがいいらしい。
危ない、下調べが足りずスルーするとこだったな・・



時刻は丁度正午、阿蘇に向けて再びセローを走らせた。



後編へ続く

関連記事
   

コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。