西日本一周ツーリング Day7 後編 大分~熊本

10月10日 12:30

佐多岬を後にしたフェリーは1時間ほどで大分県佐賀関港へ到着

s-DSC04817.jpg




当初はこの後は由布院で温泉に入る予定だったが、時刻は昼過ぎ。
今日は天気も良いし阿蘇まで行きたいので、由布院まで行くと時間が足りない。
そこで遊間のルートの途中に温泉がないか調べてみると、長湯温泉というのがある。
なんでも、世界有数の炭酸濃度を誇る温泉で体に良いんだとか。
面白そうだな、ということで長湯温泉へ向けて出発!

バイパスを抜け、国道442号を進む。
最近拡張工事が行われたばかりのようでかなりの快走路だったが、
途中から四国のような酷道になったので、抜け道から奥産スカイラインへ。
交通量も少なく快走!
たしかに三崎港のあんちゃんが言ってたように九州の道は走りやすい。



14:00 ラムネ温泉

s-DSC04818.jpg

1時間半程で長湯温泉の一番人気、ラムネ温泉に到着!

入浴料は確か500円くらいだったかな、かなりお洒落で独特な温泉施設。

内湯はにごり湯、露天はぬるめの天然炭酸温泉になっていて、入ると体中に気泡がまとわりつく。
これを内湯外湯と交互に入ることで健康にいいんだとか。

いや~最高の温泉だった!
由布院行きたかったけど、結果的に良かったかも。



温泉からあがると、日も傾いてきたので急いで阿蘇山へ!

阿蘇パノラマラインへ入り、しばらくすると、山道が急に開けた




s-DSC04821.jpg

s-DSC04826.jpg

遂に念願の阿蘇へ来た!

目を見張る絶景

もう言葉は要らない・・


s-DSC04829.jpg

s-DSC04830.jpg

s-DSC04832.jpg

s-DSC04834.jpg

s-DSC04835.jpg

s-DSC04838.jpg

s-DSC04839.jpg


そして、阿蘇山公園道路(二輪100円)を上がりいよいよ阿蘇山火口へ

阿蘇パノラマライン~火口 走行動画
rame>



火口までロープウェイが通っているのだが、一般車でも火口の側まで行けるのは便利だ。


s-DSC04844.jpg

s-DSC04845.jpg


火口は乳白色エメラルドブルーの源泉がぐつぐつと煮え立っていて、
そこからガス・噴煙が吹き出している
ものすごい光景だ

s-DSC04865.jpg

火口には監視員が常駐していて、ガスが大量噴出した時はすぐに立ち入りを制限する措置が取られている
実際にガスを吸ってしまうと涙目で咳き込んでしまう



s-DSC04874.jpg

それにしても日本ではないみたい

s-DSC04876.jpg


阿蘇山を見終わると、日没も近づいてきた。

今日は阿蘇山の麓辺りにキャンプ場を見つけたのでそこに泊まることに。

しかし麓まで降りて行ってみると、もうこの時期は閉園していた。

そして日没を迎えた

s-DSC04880.jpg

そこで予定を変更、復路で寄るつもりだった熊本市内へ向かい、今日はネカフェに泊まることに。

途中でしまむらに寄り下着を補充。
熊本の中心街へ近づくにつれ、交通量は増えてきた。


19:30 熊本駅

s-DSC04886.jpg

熊本も高知と同じく路面電車が通っていて風情がある。

夕食は楽しみにしていた熊本ラーメン「黒亭」へ

s-DSC04884.jpg
チャーシュー麺+そぼろ丼

どこかで食べたことのある味だと思ったら、秦野のなんつッ亭だな
うん、旨い


食後は熊本城を散策
夜は城内へは入れなかったが、お堀にある石垣は見事なものでかなり迫力がある

s-DSC04888.jpg

城もライトアップされていて綺麗

s-DSC04890.jpg

夜景はやっぱ三脚ないとキツいな・・


この後は今夜の宿、自遊空間清水バイパス店へ。
ここは接客が素晴らしく静かで良いネカフェだった。
明日も天気がいいようなので、熊本・阿蘇を満喫することにして眠りについた。



7日目の走行距離:300kmくらい


大きな地図で見る
関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。