軽二輪が国内市場で復調!セローの販売台数は前年比2割増!

s-sDSC00396.jpg

今、軽二輪・セローが熱い!?ちょっと景気の良い話題の紹介です。



軽二輪が国内市場で復調
<9月19日付中日新聞>

メーカーは新型投入
 長く低迷していた二輪車の国内市場に、復調の兆しが見え始めている。排気量一二六~二五〇ccの「軽二輪」を中心に売れ行きは好調で、経済産業省も二〇二〇年に国内販売台数百万台という目標を掲げて販売拡大を後押しする。二輪メーカー各社は、海外生産して価格を抑えた新型車の投入などで市場拡大を図っている。

復調の兆し
 今年一~八月の国内二輪販売は前年同期比2・7%増の約三十万五千台。その中でも、軽二輪は25・4%増の三万七千台と大きく伸びている。排気量二五〇cc超の小型二輪も7・6%増と好調だ。
 浜松市中区の二輪販売店「川島モータース」では、川崎重工業のスポーツバイク「ニンジャ250」などの軽二輪が人気。川嶋登志久社長によると、お金や時間に余裕ができた四十代~五十代の「リターンライダー」が目立ち、二十代の学生も増え始めているという。

 同店で八月に排気量二五〇ccのスポーツバイクを購入した同市の会社員、片岡義洋さん(43)は「十代のころはミニバイクに乗っていた。最近、知人の勧めで中型免許を取った」と購入理由を話す。
 川嶋社長は「これまで人気俳優が乗った特定車種などのブームはあったが、今回の軽二輪は裾野が広く、顧客層も広がっている」と市場の復調に期待を寄せる。

<中略>
 
 ヤマハ発動機はロングセラーモデルの「SEROW(セロー)250」にツーリング用のオプションを組み付けた製品を昨秋に発売。人気に再び火が付き、一~八月の販売台数は前年同期比約二割増となっている。

国内販売百万台
 経産省は二輪各社と共同で、二〇年までに国内販売百万台を目指す二輪産業の将来像を掲げた。今月二日には、販売促進を狙ったイベント「バイク・ラブ・フォーラム」を三重県鈴鹿市で開催。来年は浜松市で開く計画だ。
 一九九九年に百万台を割り込み、一二年には四十四万台まで落ち込んだ国内の二輪販売。百万台という大台回復に向けて、ヤマハ発の柳弘之社長は「国内の二輪保有台数は千二百万台。十~十二年で買い替えると考えれば百万台は夢物語ではない」と強調。「利用者が六十代~七十代まで二輪を楽しみ、乗り続けてもらうことが課題。喜んでもらえる商品を出しつつ、利用環境を改善していくことがシンプルだが大事だ」と話した。

以上19日付中日新聞記事より引用
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20130919/CK2013091902000093.html




これは嬉しいニュースですね。
元来250ccバイクは維持費の安さと、日本人の体格や日本の道路環境に合っていることが魅力でしたが、低価格で魅力的なモデルが増えたことにより人気が復活しているそうです。

私が高校生の頃は、キムタクドラマの影響でTW人気に端を発するストリートバイクブームというのがありましたが、当時潤っていたのは中古市場とカスタムパーツ市場だったように思います。今はノーマルのままでも魅力的で低価格な新型モデルが増えてきてますから、幅広い年代に受け入れられ、新車市場が好調のようです。これで二輪環境整備も良くなっていくといいのですが。

そしてなんといってもセロー!以前セローブーム到来か!?という話題を紹介しましたが、やはりツーリングセローの人気も手伝って、今年のセローの販売台数は去年に比べ2割UPだそうです。当ブログにも今年に入って購入・納車報告のコメントを何度も頂きましたし、やっぱり売れてるんですね!
当ブログではセロー買いたての方にも役立つ情報を今後も紹介していきたいと思います。

関連記事
   


コメント

私も購入しました。
私も今月の初めにセロー250を購入しました。
やはり、人気があるらしく早くても10月下旬の納車と言われました。ショップの人曰くメーカーも生産が追い付かないとの事です。嬉しい反面、これだけ人気だとバイク本体やパーツ等の盗難が心配になってしまいますね。盗難対策はしっかりしておかないと…
Re: 私も購入しました。
>Kamoshika250さん
ご購入おめでとうございます!
やはり売れているんですね。私も盗難には気をつけたいと思います。
No title
最近 街中でセローをよく見かけるようになったと思ったら 販売台数が伸びてるんですね またバイクブーム到来となるかな? 
Re: No title
カモシカ22さんもやっぱり見かけますかセロー。じわじわ来てる感じはしますよねえ。このまま日本経済と共にバイク販売台数も右肩上がり・・なんてことになればいいんですが^^;
※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。