裏鎌倉・湘南ぶらり旅ツーリング

sss-DSC07745.jpg

ディープな古都・鎌倉へ。鎌倉・湘南の裏路地をセローでぶらり散策する大人のバイク旅。



最近鎌倉人気が加熱してまして、休日はメインストリートは人も車も大渋滞。
人気の理由は首都圏から日帰りで行ける手軽さと、最近メディアにこぞって紹介されているからでしょうか。

そんな大混雑の鎌倉も、裏に入ると歴史を感じる古道が複雑に入り組んでいて、これがなかなか面白いんです。
今回はそんなディープな裏鎌倉をセローで散策してきました。



今回のスタートは大船駅。
昼過ぎのスタートなので、まずは「つけ麺KOKORO」で腹ごしらえしてから鎌倉へ向かいます。

鎌倉への車・バイクでのアクセス方法は、朝比奈ICから朝比奈峠を越えていく道か、海沿いのR134が人気ですが、渋滞は必至です。そこで今回は地元住民しか知らないような抜け道から行くことにしましょう。


まずは大船駅から東へ、散在ヶ池森林公園へ向かい、そこから鎌倉方面へ抜ける道へ。

s-DSC07683.jpg
北鎌倉から鎌倉方面へ抜けるこの急な坂道、明月院通りという歴史ある古道らしい。

s-DSC07687.jpg
これが明月院。

s-DSC07684.jpg
巨大で見事な石垣に思わず立ち止まる。
岩清水が滲みでていて、子どもたちがヤゴか何かをとっていた。


明月院通りを南下すると、県道21号に出るが、案の定渋滞気味だ。
このまま行けば鶴岡八幡宮へ出るが、今回は裏鎌倉散策なので、再び裏道へ入る。


s-DSC07691.jpg

亀ヶ谷坂。国の史跡で非常に歴史のある古道だ。

s-DSC07693.jpg

この坂もまた走りたくなる坂である。

s-DSC07690.jpg
ちなみに、この坂の頂上付近にはパイロンが置かれて自動車は通行禁止になっているが、二輪は通りぬけできる。二輪の特権ていい気分。



s-DSC07695.jpg
裏鎌倉は、一見普通の住宅街に見えて、随所に歴史を感じさせる物があるのが面白い。

s-DSC07696.jpg
石碑と、張り出した岩盤の上に立つ木。


s-DSC07699.jpg
行き止まりの道も多いのだが、この道の行き止まりはなんとダート。
通行止めの標識にこの先スリップ注意???
一瞬まさかの林道か!?と思ったが、どうやら歩行者転倒注意という意味らしい。

s-DSC07702.jpg
こちらの道の行き止まりは海蔵寺。

s-DSC07704.jpg
海蔵寺の駐車場には、巨大な穴がある。

s-DSC07706.jpg
ひょっとしてこの穴、駐車台数増やすためにわざわざ繰り抜いたのか?


s-DSC07710.jpg
北鎌倉散策はこの辺にして、横須賀線沿いの道で鎌倉の中心街方面へ向かう。

s-DSC07707.jpg

道の途中には祠や置物が見られる。

s-DSC07711.jpg


鎌倉の中心街をスルーして南下、江ノ電の踏切を渡る

s-DSC07715.jpg

江ノ電の駅はみんなこんな感じ。

s-DSC07716.jpg

s-DSC07746.jpg
海へ出た。
右折してR134の海沿いを流す。


稲村ヶ崎
s-DSC07724.jpg
稲村ヶ崎で一服。

s-DSC07719.jpg

江ノ島が見える。

s-DSC07723.jpg
ここ稲村ヶ崎は、時期によって江ノ島に沈む夕日や富士山に沈む夕日を見ることの出来る、日本屈指の夕日スポット。

s-DSC07731.jpg
太平洋はいつ見てもいい。
今から五百年前の大航海時代、探検家のマゼランは、人類史上初めて太平洋を横断した。
その後彼はフィリピンで戦死することとなるが、この広い太平洋を渡りきった時、一体どんな気持ちだったのだろうか。


s-DSC07747.jpg
再び裏路地に入り、信号待ちで江ノ電をパシャリ。

s-DSC07749.jpg
こんな線路と道路の間に柵すらない区間もある。


s-DSC07742.jpg
七里ガ浜高校前の海の見える長い坂。

s-DSC07740.jpg
この坂は、今まで数々の映画やドラマのロケ地として使われてきた坂だ。
思わずゆずの夏色を口ずさみたくなる坂。


ここを最後として帰りは朝比奈峠経由で帰宅。



裏鎌倉・湘南の魅力を再発見したぶらり旅だった。

関連記事
   

コメント

Re: No title
コメントありがとうございます、参考になれば幸いです^^
No title
稲村ヶ崎の夕日はいいですね 冬なら空気も澄んでて富士もキレイに見れるし 8月に稲村ヶ崎行ったけど 富士山の頭だけが見えてましたw 
Re: No title
カモシカ22さんも先月行かれてたんですね、そのうちどこかでお会いするかもしれませんね^^
※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。