キャンプツーリングの道具(テント、シュラフ、マット)と積載方法

ssDSC02826.jpg

夏のバイク旅といえば、キャンプ!梅雨も開けキャンプツーリングシーズンの到来ですね。
キャンプについては今まであまり詳しく紹介していませんでしたので、
今回はキャンプ用品とパッキング・積載方法について紹介します。

キャンプツーリングの魅力
キャンプツーリングの魅力といえば、何と言っても自然の中でキャンプを楽しめること。
それ以外にも、宿泊費の節約、宿の予約が不要、ライダーズハウスと違いテントという個室で寝れる
というメリットもあります。自分みたいに雑魚寝、いびきが苦手な人間にはうってつけですね。

テントで寝れるか心配な方もいると思いますが、結構すぐに慣れますし、一日中走ってれば疲れて眠れるもんです。
シーズン中はキャンプ場でも他のライダーとの出会いもあるので楽しいですよ?


キャンプ道具について
キャンプ用品は充実させるほどキャンプも充実しますが、車と違ってバイクだと積載が限られるのが悩みどころ。
自分の場合は、食事は基本ご当地グルメで自炊はしないと割り切っていたので、必要最低限の道具に絞って
できるだけ積載量を減らすスタイルにしていました。


DSC07209.jpg

テント、マット、シュラフ、そしてそれらを入れる防水バッグ。
基本キャンプ道具はこれだけです。
それでは一つ一つ紹介していきます。


テント
ss-DSC02165.jpg

ノースイーグルのイーグルツーリングドーム。
私のは去年買ったものですが、現行はカラーが変わったようですね。


North Eagle(ノースイーグル) テント ツーリングドーム

その名の通りキャンプツーリング用に開発されたテントで、収納時の幅40cmと、とにかくコンパクト。
セローのような細いバイクに積載するのにほんと便利です。
ポールの継ぎ目が多い分、重量も全体で3.5kgとやや重くなってますが許容範囲。

設営は慣れれば5分で出来ます。広さはシングルベットくらいあり、一人旅には十分なサイズ。
今まで30回位使いましたが、防水性、耐久性も問題ないですね。これで5000円とは素晴らしい。



シュラフ(寝袋)


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フォルノ封筒型シュラフ800 ダークネイビー[最低使用温度12度] M-3473

キャンプ用品の激安王、キャプテンスタッグのシュラフ。
安さと色で選んだんですが、L字状ジップになっていて、敷き布団や掛け布団としても使えて便利です。
使用環境は15度~で、本州だと10月下旬になると肌寒かったですが、夏の北海道なら丁度良かったです。



マット(銀マット)

THERMAREST(サーマレスト) RidgeRest SOLite S 30206

マットは少しこだわりまして、登山用で有名なサーマレストにしました。
登山用なので軽くてコンパクトかつ砂利場でも使えるように溝が入っています。
銀マットをバイクの外に括りつけるのが嫌だったので、Sサイズにしました。

サイズ:51×122×1.5cm
重量:260g
収納サイズ:51×17cm

DSC07210.jpg

一般的な銀マットとの比較
小さい分、寝相が悪い人にはおすすめできませんが、このコンパクトさと、銀マットより柔らかい点は魅力。
エアマットという手もありますが、膨らませたり萎ます手間が自分にとっては難点です。



パッキング・積載
テントとシュラフをマットで包み込むようにして、33リットルの防水バッグ(タフザック)に入れて入れて
リアシートに積載しています。

タナックス(TANAX) MOTO FIZZ モトフィズ タフザック33 ブラック MFK-048

ssDSC03745.jpg

タフザック付属のフック付きロープで固定
これが、シュラフがいい具合に背もたれクッションになり、長時間走行でも腰や尻が痛くなりにくくなって一石二鳥。
テント、シュラフを絶対に濡らしたくないので防水バッグに入れてますが、雨や夜露でテントが濡れた場合は
防水バッグに入れると逆に蒸れますので、よく拭いてなるべく乾かしてから入れるようにしています。


番外:ストーブ

DSC07218.jpg

これは前の職場の人達に送別会で頂いたもので、コンパクトに収納できて便利なんですが、
基本的にツーリングでは夕食はご当地グルメで、朝も軽く済ませて直ぐに出発するんで、あまり使う機会がなく
北海道ツーリングでは荷物になるかなということで持って行きませんでした。

でも、最近ラーツーという言葉の意味を知り、自然の中でお湯を沸かしてコーヒーやラーメンを味わうのも
いいなあと思うようになり、これからは使って行きたいと思っています。



以上、キャンプ道具の紹介でした。キャンプははまるとどんどん道具が増えていきそうで怖いですね(笑)

夏休みロンツーシーズン直前企画として紹介している積載シリーズですが、
次回でラスト、身に付ける携行品について紹介したいと思います。

関連記事
   

コメント

No title
いつも林道など参考にさせてもらってます キャンプツーリングで質問させて下さい 目的地周辺や道中の立ち寄りポイントなどどのように検索されてますか? 行く前に検索し事前に予定に組み込んでるのでしょうか それとも行き当たりばったりで寄り道を楽しんでるのでしょうか?
Re: No title
>カモシカ22さん
絶対に行く目的地はいくつか決めておいて、その上でおおまかなルートはツーマプやグーグルマップで前日に調べておくことが多いです。でも、道中気になった所に寄り道することも多くて、スケジュール立ててもその通り行かないことが多いので、結構行き当たりばったりが多いですねぇ、特に長期ツーリングでは。なのでその当日の夕方にスマホで調べてキャンプ場探すことも多いです(笑)
今度その辺のことについて詳しく記事にしてみようと思いますので、よかったらまた見に来てください^^
No title
自分は ツーリングで目的地決めたらひたすら走っちゃうタイプなので 寄り道などされてる記事みると憧れちゃいますw 寄り道もツーリングの楽しみの1つですもんね! キャンプツーリングは まだ経験ないので挑戦したいと思います 返信ありがとうございました また遊びに来ます!
No title
興味深く拝見させていただきました。
丁寧に整理されたブログは、
とても参考になります。
Re: No title
ともえさん、コメントありがとうございます。
今後も何か参考になれば幸いです。

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。