スマホをバイクナビに!使い方・マウント方法・注意点まとめ

最終更新:2016年9月26日(古くなった情報を修正・再編集しました)
G0010752-m3.jpg
スマホの普及と共にスマホをバイクナビとして使う人が増えているようで、以前の記事で少しマウント方法などを紹介したところコメントや質問をいくつかいただきました。そこで今回は、私がスマホをバイクナビとして使用してわかったこと(最適なマウント方法と注意点、ナビアプリの有効な使い方等)をまとめてご紹介します。


スマホナビのメリット

スマホナビは、旅を助けてくれる最高のアイテムです。実際私は何度も助けられました。

目的地までのナビは勿論のこと、今何処を走っているのか、目的地まであとどれくらいかわかる安心感というのは、ツーリングをより楽しくさせてくれます。

スマホなんてまだ無かった頃はバイクナビも高価でしたので、手持ちのPSPにGPSレシーバーとマプラス3でナビ化して、自作マウントしてたこともありましたが、今は携帯電話がそのままナビとしても使えるのですから便利な時代になったものですね。

マウントさえ買えばバイクナビになるのですから、なんといっても安いですし、専用ナビが不要になるので荷物が減るというメリットもあります。その名の通りスマートですね。




バイクナビに適したナビアプリは?

s-gms (2)
結論から言うと、デフォルトのグーグルナビ(グーグルマップ)が一番使い勝手が良いです。

操作がシンプルで、GPS追従性がよく、音声案内にも対応。そしてグーグルナビのもっともよい所は、WEBとの連携。近くに美味しいラーメン屋さん無いかな?と思ったら検索すれば口コミ評価の高い店が表示され、目的地にすることができます。なんと言っても検索エンジン屋さんが作ったナビですからね。GS、コンビニ、キャンプ場、ホテル等、探したいものを好きなワードで検索すれば何でも出てきます。これは旅をしている時は本当に便利です。そのままワンタップで電話をかけて問い合わせることもできます。これは専用ナビには出来ないことですね。

しかしグーグルナビにも欠点があります。それは高速道路のレーン表示がないこと。首都高なんかではわかりづらいですね。そこで高速を多用するGWや夏場に限って月額300円の地図ナビを使ったこともありました。





液晶保護フィルムはアンチグレアがおすすめ


POWER SUPPORT アンチグレアフィルムセット for iPhone6(



液晶保護シートは非光沢のノングレア(アンチグレア)にすると、太陽光の反射が軽減され見やすくなります。






スマホカバーはソフトシリコンタイプがおすすめ


ESR iPhone6s シリコン TPUソフト 耐衝撃カバー


スマホケースはソフトシリコンタイプにするとマウントした際ずれにくく、傷、振動対策になります。







Bluetoothヘルメットスピーカーでナビ音声を聞けるようにする

スマホの音量を最大にしたところで走行中はまずナビの音声は聞こえません。しかし、スマホには便利なことにブルートゥースという音声を無線で飛ばす機能が備わっていますので、ヘルメットにブルートゥーススピーカーを取り付ければ音声を聞けるようになります。



Daytona 聴くだけブルートゥース2



耳で音声案内を聞くことが出来れば、スマホに目をやる回数も減りますのでより安全で快適になります。







おすすめのバイク用スマホホルダー


バイクへのスマホのマウント方法は、主にホルダー型とポーチ型の二種類があります。
ポーチ型は防水なので雨天も使えることがメリットですが、タッチ操作やボタン操作がしにくくなります。また、タンクバッグ型もありますが下を覗き込む形になり走行中に見るのは危険が伴うので注意が必要です。


おすすめは使い勝手のよいホルダータイプです。



私が現在使っているバイク用スマートフォンホルダーはこちら

 

 Anypro 自転車ホルダー バイクスタンド 360度回転 WY-ZH201


DSC05093-m3.jpg

角度調整が自在でガッチリマウントできる為、ツーリング用途にピッタリのホルダーです。

また、超大型サイズのスマートフォンもマウントできる懐の広さもおすすめの理由です。



関連記事:
【レビュー】強力固定・角度調整自在なバイク用スマホホルダー Anypro WY-ZH201







おすすめのマウント位置

ホルダーが決まったら次はどこにマウントするかですが、最も視線移動が少なく見やすい位置というのはスピードメーター付近。
セローだとこの位置がおすすめ。

DSC05092-m3.jpg





ハンドル周辺にスペースがない場合
既にETC等ハンドル周辺に色々付けていてスペースがない場合や、
位置的にどうしてもメーター等に被ってしまう場合は、こんなものがあります。

DAYTONA マルチバーホルダー ショートロータイプ

これを噛ませてスマホマウントすれば、マウント位置の問題は解決するでしょう。







給電電源の確保

スマホナビを使えば1~2時間もすれば電池がなくなりますので、給電しながら使うことになります。
バッテリーレス車や自転車は大容量モバイルバッテリーをタンクバックやポーチに入れて給電することになります。







バッテリーのある一般的なバイクなら、シガーソケット電源を取り付けて給電しますが、最近はわざわざシガソケ+USB変換ソケットを使わなくてもそのままUSBケーブルを差し込めるタイプの電源があります。




ちなみに私はUSBとシガソケが一体になったタイプを使っています。
シガーソケットもあったほうがなにかと使える幅が広がるかなということで。


ニューイング(NEWING) DCステーションUSB+ NSMS-003





USBケーブルはスマホ付属のケーブルでは給電できない場合があるので注意
巻取り式のケーブルだと邪魔にならずスマートになります。







電源の取り方ですが、車種によって最適な方法は異なります。
セローの場合ですと、ホーン電源から取る方法が一般的でスマートな方法です。

DSC07195.jpg






スマホナビ使用上の注意点

・防水スマホであっても、給電中は防水ではなくなりますので、雨が降ってきたらケーブルを抜いてゴムパッキンを閉めましょう。

・例えバイクから電源を取っていても、念のためモバイルバッテリーは携行しておいたほうが良いです。USBケーブルも予備を兼ねて2本持っておくと良いでしょう。

・エンジンOFF時のバイクからの給電はバッテリーあがりの原因になりますので避け、エンジンOFF時に充電したい場合はモバイルバッテリーから給電するようにしましょう。

・グーグルマップ等のネットワークを必要とするナビアプリは電波の届かない所では使えなくなります。
最近では携帯キャリア各社電波整備に力を入れていますが、まだまだ山奥の秘境のような場所では電波が届かない場所もあります。

・真夏の日中は、スマホ本体の温度が上昇し、給電ストップ&バックライトOFFの機能が働く場合があります。防水スマホなら水をぶっかけてクールダウンさせる荒業もありますが・・。

・万一スマホが脱落したら旅先でライフラインを失うことにもなりますので、念のため脱落防止コードをつけておくことをオススメします。



スマホとバイクのキーをカラビナやコードでつなげておくと、コンビニ等でバイクを離れる時にスマホを外すのを忘れる防ぐことができるのでおすすめです。





最後に

以上、スマホバイクナビについてのあれこれを紹介いたしました。
是非スマホナビを活用して、知らない土地を、まだ走ったことのない道を、バイクで走ってみてください。
きっと素晴らしい経験になると思います。



関連記事
   

コメント

初めまして。
明日、ツーリングセローの納車です〜。
これからの参考にさせて頂きたく、コメントしました。よろしくお願いします。
スマホナビ、物凄く参考になります。

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント